メインイメージ

クラウド利用

ホームページ作成を安く上げるためのクラウド利用

クラウド利用ホームページ作成はその規模や複雑さにもよりますが、安くても数十万円、少し規模の大きいものになると百万円を越す費用が発生します。ホームページ作成を専門のWeb制作会社に依頼すると、それだけの作成料が発生します。ホームページ作成はそれだけ手間がかかる大変な作業です。大企業が大規模なWebサイトを構築するのであれば、専門のWeb制作会社に依頼するのが最善の策です。しかし、小規模事業者や個人がWebページを公開するためにWeb制作会社に依頼するのは気が引ける場合もあります。

そんな時はクラウドが便利です。クラウドとはWeb上で利用できる仕事を依頼する仕組みのことで、間にクラウドサービスの業者が入ります。一般に支払いは前払いで、仕事をするのはクラウドに登録している個人のワーカーです。Web上で取引される仕事だけに、ワーカーの中にはWeb業界に在籍したことがあるか、又はWebサイト制作の経験者が多く含まれています。仕事の募集を公開すると、条件が合えば多くの受注希望者が名乗りを上げます。その中から条件にあったワーカーを選び、正式に仕事を依頼する仕組みです。

原則として、発注者と受注者の直接の連絡はできなく、全てクラウドの運営会社のサイトを通して行う必要があります。支払いも直接受注者に行うのではなく、運営者を通して行われるので安心です。ワーカーの質は一般に高く、専門のWeb制作会社が作ったサイトとさほど遜色の無いホームページを作ることができます。作成料は一般に専門のWeb制作会社に依頼するよりも、かなり割安になります。ホームページ作成は原稿となるコードの作成と、サーバーを借りてドメインを取得する作業に分かれます。

ワーカーに依頼できるのは主にホームページ作成の原稿までで、サーバーを借りてドメインを取得するのは自前で行う必要があります。サーバーのレンタルには、個人情報の入力や、クレジットカード等の番号が必要となるために外注には適さない作業だからです。しかし、レンタルサーバーの運営会社の中には、ホームページ作成の初心者向けにやさしい説明を行っているところもあり、手順を踏めば難しいことではありません。

また、一度つくったサイトでも、書かれている内容を更新する必要も生じるので、Webサイトに関する最低限の知識は備えておく必要があります。ホームページはどんな業種においても営業やマーケティングの中心となるものです。今の時代はホームページ作成を安く発注できる時代でもあります。

Copyright© 2016 人を惹きつけるホームページ制作 All Rights Reserved.